MENU

海外製のダイエットサプリは、日本人の体質に合っているのか

 

 

海外製(主にアメリカ製)のダイエットサプリは、体格がよくアメリカ式の食生活をしているアメリカ人が飲むために作られているので、日本人には強すぎで向かないかもしれません

 

日本では補助食品、アメリカでは健康増進

日本ではサプリメントの定義や位置づけが法律で規定されていません。分類は「食品」です。いつ、何錠飲めばいいのか表記されていないのはそのためです。また薬品ではないので、原材料や製造後の検査をするかどうかも製造している会社が決めていいのです。安全や安心のために検査を行う会社もありますが、していない会社もあるのです。
海外、とくにアメリカでは病院にいって高い医療費を払わないために予防としてサプリメントを摂取しています。法律も定められていて、いつ何錠飲むかもはっきりと記載しなければいけなくなっています。

 

アメリカのダイエットサプリでは効果が強すぎます

日本ではサプリメントは補助食品なので、含まれている成分の一日の摂取量が厚生労働省が決めた値を越さないように作られています。安全が第一にされています。一方アメリカでは効き目を出す、効果を長持ちさせるために成分が日本のものより多めに入っています。そして日本人とアメリカ人では体格も食生活も違います。成分によっては摂り過ぎになってしまうものもあります。
体格のいいアメリカ人のためのサプリは日本人には強すぎるかもしれません。日本人にはダイエットサプリはあくまでもサポートである、と思った方がからだには合うといえそうです。